• 火曜日・土曜日
    診療
  • 保険適用
    あざ治療
  • 最新機器での
    治療

SBC御茶ノ水こどもレーザークリニック

当院は、赤ちゃん・こどもの
あざ治療を得意とするクリニックです。

青あざ・赤あざ・茶あざなどの診療、治療を行っています。
美容外科・皮膚科グループが運営するクリニックだからこそ、最新のレーザー機器を使用した
保険治療をご提供いたします。
都内の医療証をお持ちの方は、
ご来院時医療証と保険証どちらもお持ちください。
都外の医療証をお持ちの方は、当院でお支払いが発生いたします。
詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

こどものあざ
レーザー※1
午後 14:30~19:00

第1・第3のみ



保険・美容※2午前 10:15~14:30
午後 14:30~19:00

※1 こどものあざレーザー治療は完全予約制
※2 形成外科(保険)・一般皮膚科(保険)・美容皮膚科・美容外科

こどものあざレーザー治療診療日:第1・第3火曜PM/土曜PM
最終カウンセリング受付時間:午後17:30

診療案内

乳児血管腫(いちご状血管腫)

赤あざの一種で、未熟な毛細血管が繁殖し生じます。女の子の赤ちゃん・乳幼児に多く発症するといわれています。
生後数週間のうちに湿疹のような状態から、急速に赤みの範囲が広がったり、皮膚表面がいちご状に盛り上がったりなどの症状が現れ、5歳~7歳くらいまでに75%程度の割合で次第に消失するケースも多いです。中には、腫瘤の増大部分の皮膚が残存し、赤みなどの皮膚障害をきたす可能性もあるので、レーザー治療を早めに始めるとよい場合もあります。

治療費用の目安

7,000円~33,000円程度

赤あざ
赤あざ

単純性血管腫(毛細血管奇形)

生まれつき皮膚表面に平坦に存在する赤あざです。自然に消えることがないため、レーザー治療が有効と考えられます。急速に大きく広がることはないですが、体の成長とともに面積が増大することがあります。早期に治療を開始するほうが治療効果が高く出ることが多いです。

治療費用の目安

7,000円~33,000円程度

赤あざ
赤あざ

異所性蒙古斑

異所性蒙古斑とは、蒙古斑(もうこはん)の一種で腰やお尻以外にできる青あざのことを指します。蒙古斑は生後数週間~1カ月頃までの赤ちゃんの体に出現する青あざで、日本人のほぼ全員に出現します。蒙古斑は腰やお尻に多くみられ次第に薄くなっていくので6歳頃まで経過観察をするケースが多いです。しかし、色味が濃いものは大人まで残ることがあるためレーザー治療をお受けになる方もいらっしゃいます。

治療費用の目安

7,000円~13,000円程度

青あざ
青あざ

太田母斑

顔にできる青あざです。側頭部(こめかみ)や額(おでこ)などに現れることが多く、自然消失しないためレーザー治療が有効とされています。

治療費用の目安

7,000円~13,000円程度

青あざ
青あざ

青あざ治療の特徴

レーザー治療機器:PQX(ピコ秒ヤグ)を使用した施術を行います。大口径スポットで照射することでお子さんのお体への負担が少ない短時間での施術を実現しました。

外傷性色素沈着

外傷性色素沈着とは、怪我などの外傷から異物が侵入し、取り除かれないまま傷口が塞がることで、色素沈着を起こしている状態のこと指します。
傷口から侵入し皮膚内に残存した異物が色素沈着の原因ですが、この場合も保険適用のレーザー治療で改善が見込まれます。

治療費用の目安

7,000円~13,000円程度

茶や黒
茶や黒

治療詳細情報

Vbeam prima(Vビームプリマ)とは

当院での施術はVビーム(Vbeam)の最新機種
Vbeam prima(Vビームプリマ)を使用します。

Vbeamレーザーの中でも、赤ちゃんやお子さんの体への負担を最大限抑えた設計にアップデートされた機器です。
レーザーの出力部分が従来の機種(Vビーム、VビームⅡ)と比較し大口径となったため、従来機器に比べ短時間施術が可能となり、こどもに優しい治療を実現することができました。

Vbeam prima(Vビームプリマ)にて出力される595nmのレーザー光により、皮膚内の赤や青い色素(ヘモグロビンや血管病変)にのみ選択的に反応させることで、症状の改善に導きます。

血管内の病変を起こしている部分では、ヘモグロビンが光エネルギーを吸収し熱エネルギーに変換します。すると血管内で皮膚細胞が線維化し凝固するため、皮膚表面に赤や青に見えていた症状が改善します。

治療イメージ

Vbeam primaにて出力される595nmのレーザー光により、
血液内のヘモグロビンにのみ反応し、様々な赤みの改善に役立ちます。
血管内の病変を起こしている部分では、ヘモグロビンが光エネルギーを吸収し熱エネルギーに変換します。すると血管内で皮膚細胞が線維化し凝固するため、皮膚表面に赤く見えていた症状が改善します。

Vbeam prima(Vビームプリマ)の特徴

  • 痛みと副作用の軽減

    レーザー照射直前に、-26度の冷却ガスが出力されるため、痛みの軽減、並びにレーザー照射後の炎症・副作用を軽減します。

  • より短時間で強い出力

    従来のVbeamシリーズ機器と比較し、1ショット当たりの照射範囲が広範囲かつ深部へ届く設計にアップデートされ、施術時間の短縮を実現。

  • 生後の赤ちゃんにも
    照射可能

    出生後間もない赤ちゃんの皮膚に突如現れる赤あざ(乳児血管腫(いちご状血管腫)、単純性血管腫(毛細血管奇形))などにも施術が可能です。

歴史あるVbeam(Vビーム)シリーズの中でも

最新機種Vbeam Prima
(Vビームプリマ)を使用

  • 1992年

    SPTL
    第一号機

  • 1994年

    SPTL
    第二号機

  • 2010年

    Vbeam

  • 2016年

    Vbeam II

  • 最新型

    Vbeam
    prima

  • 1度での照射範囲が増大
  • 施術時間が短縮

Vbeam prima(Vビームプリマ)の適応疾患

Vbeam primaを使用する治療の例

保険適用治療の例

PQXピコレーザーとは

当院での青あざ治療は、
PQXピコレーザーを使用します。

レーザー機器製造の老舗であるfotona社が開発した最新のPQXピコレーザー( Nd:YAGレーザー)を使用し施術を行います。
ピコ秒パルス幅(レーザー照射時間)により、最短時間であざの色素を破壊するため、お子さんの体への負担が少なくスピーディーな施術を実現しました。

PQXピコレーザーの特徴

  • より短時間で強い出力

    従来の他社レーザー機器と比較し、四角形の照射径と最短パルス幅(レーザーの照射時間)によって、短時間での施術を実現。

  • 生後の赤ちゃんにも
    照射可能

    出生後間もない赤ちゃんの皮膚に突如現れる青あざ(異所性蒙古斑、太田母斑)などにも施術が可能です。

PQXピコレーザーの適応疾患

PQXピコレーザーを使用する治療の例

価格表

3歳未満のお子様は乳幼児加算がかかります。
居住されている自治体によっては医療費の助成制度が利用できる場合があります。詳しくは各自治体にお問い合わせください。
下記に記載の費用はあくまで目安となります。

乳児血管腫(いちご状血管腫)、単純性血管腫(毛細血管奇形)

対象年齢保険適応(2割負担)
※乳幼児加算あり
保険適応(2割負担)
※乳幼児加算なし
保険適応(3割負担)
0歳~3歳未満3歳~小学校入学前小学生~
10㎠未満¥8,740¥4,340¥6,510
10㎠以上20㎠未満¥9,740¥5,340¥8,010
20㎠以上30㎠未満¥10,740¥6,340¥9,510
30㎠以上~40㎠未満¥11,740¥7,340¥11,010
40㎠以上~50㎠未満¥12,740¥8,340¥12,510
50㎠以上~60㎠未満¥13,740¥9,340¥14,010
60㎠以上~70㎠未満¥14,740¥10,340¥15,510
70㎠以上~80㎠未満¥15,740¥11,340¥17,010
80㎠以上~90㎠未満¥16,740¥12,340¥18,510
90㎠以上はこちら
対象年齢保険適応(2割負担)
※乳幼児加算あり
保険適応(2割負担)
※乳幼児加算なし
保険適応(3割負担)
0歳~3歳未満3歳~小学校入学前小学生~
90㎠以上~100㎠未満¥17,740¥13,340¥20,010
100㎠以上~110㎠未満¥18,740¥14,340¥21,510
110㎠以上~120㎠未満¥19,740¥15,340¥23,010
120㎠以上~130㎠未満¥20,740¥16,340¥24,510
130㎠以上~140㎠未満¥21,740¥17,340¥26,010
140㎠以上~150㎠未満¥22,740¥18,340¥27,510
150㎠以上~160㎠未満¥23,740¥19,340¥29,010
160㎠以上~170㎠未満¥24,740¥20,340¥30,510
170㎠以上~180㎠未満¥25,740¥21,340¥32,010

異所性蒙古斑、太田母斑、外傷性色素沈着

対象年齢保険適応(2割負担)
※乳幼児加算あり
保険適応(2割負担)
※乳幼児加算なし
保険適応(3割負担)
0歳~3歳未満3歳~小学校入学前小学生~
4㎠未満¥8,400¥4,000¥6,000
4㎠以上16㎠未満¥9,140¥4,740¥7,110
16㎠以上64㎠未満¥10,200¥5,800¥8,700
64㎠以上¥12,300¥7,900¥11,850

よくある質問

Q.

完治までどれくらいかかりますか?

A.

乳児血管腫は3〜4回、単純性血管腫は5回前後、異所性蒙古斑は3〜4回、太田母斑は4回前後の治療回数が必要です。3〜6か月ごとに治療を行うことが多いので、一連の治療は1〜2年ほどかかることがあります。元々のあざの色の濃淡や皮膚の色調、日焼けの有無、治療開始年齢などにより前後します。完治といっても周囲の皮膚に比べて、微妙に色が残ったり、凹凸などが残ることもあります。また単純性血管腫(毛細血管奇形)は再発するあざです。

Q.

治療に痛みは伴いますか?

A.

輪ゴムで弾かれるような痛みがあります。当院では痛みを減らすために麻酔のクリームやテープを使って、ご負担の少ない治療を行っております。

Q.

レーザー以外に治療方法はありますか?

A.

乳児血管腫(いちご状血管腫)には内服療法(プロプラノロール)や圧迫療法などがあります。プロプラノロールは有効な治療ですが、食事の後に内服させる必要があり、吐き戻しのリスクがあります。圧迫療法は経過観察に比べて有効であるものの、その効果は限定的です。外科的切除も可能ですが必ず傷あとが残るので、救命や機能温存のためを除いて、ごく小さなあざの場合以外は現実的ではありません。治療とは異なりますが、医療用化粧品などであざを目立たなくすることも可能です。
プロプラノロールについてはこちら

Q.

あざは自然と治ることはありますか?

A.

乳児血管腫(いちご状血管腫)、異所性蒙古斑は徐々に消退することが期待できますが、傷あとや色が残ることもあります。「自然に消える」と言われても、ご心配であれば小児のあざ治療を専門的に行っている医療機関への受診をお勧めいたします。

Q.

治療の時間はどれくらいですか?

A.

あざの大きさにもよりますが、レーザーを照射している時間は数分から長くても10数分です。当院では赤あざ、青あざともに照射面積の大きなレーザーを取り揃えておりますので、患者様のご負担を可能な限り少なくしたレーザー治療が可能です。

クリニック案内

こどものあざレーザー治療に特化したクリニック

SBC御茶ノ水こどもレーザークリニック

〒101-0062

東京都千代田区神田駿河台二丁目2番地
御茶ノ水杏雲ビル2階

050-3773-5951
こどものあざレーザー※1午後 14:30~19:00

第1・第3のみ



保険・美容※2午前 10:15~14:30
午後 14:30~19:00

※1 こどものあざレーザー治療は完全予約制
※2 形成外科(保険)・一般皮膚科(保険)・美容皮膚科・美容外科

こどものあざレーザー治療診療日:第1・第3火曜PM/土曜PM
最終カウンセリング受付時間:午後17:30

SNS公式アカウント

ご予約やお問い合わせは専用ダイアルまで